S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

さいたま市「見沼田んぼ」で新規就農(就農4年目)。夫婦二人で有機農業してます。
by windvalleyfarm

<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

週末は援農DAYS

 見沼田んぼを囲むように流れている見沼代用水。そこに植わっている桜が散っていき、その下に真っ赤に咲く「彼岸花」。この風景を見ると、「いよいよ本格的な秋がやってきたんだな~」と思う。この時期は散策に来る人、絵を描きに来る人、カメラマンも来る。そしてちょうど稲刈りのシーズンなので、小学生たちも農業体験に来たりといつもの風景より賑やかな感じ。

 土曜日は練馬在住のひろみさん、地元出身の絵描きの上見君も来て、私達二人も稲刈りのお手伝いをしに、「NPO見沼田んぼじゃぶじゃぶラボ」さんの不耕起田んぼへ行きました!稲を刈り、束ね、はざ掛けし、天日に干すことで甘味や旨みが出るとのこと。たわわに実った黄金色の米たちを見ていると、自分の中の何かがワサワサと、うごめいた感じがする。お米を作るっていうのは何か格別なものがありそう…。これって日本人が持っているDNAなのかな?
何にしても、来年から始まる風の谷農場のお米作り、今からワクワクです!(自給分+αですが。。)
   稲刈りを終え、ランチ中の図
a0100888_2352676.jpg







 
そして日曜日はまたまたエコ見沼隊が来てくれ、一日中人参の間引きをしていただきました!
もうかなり大きくなったので結構大変      ジャージが似合うmiyakoちゃん
a0100888_22595111.jpga0100888_2334375.jpg








そしてお昼ごはんは、
出た!あいちゃん特製野菜ゴロゴロ豆乳シチュー    いただきます!
a0100888_2314247.jpga0100888_23144374.jpg








   今はこんなかわいい人参!       すっきりした人参畑をバックに 
                                皆さんありがとうございました!     
a0100888_231797.jpga0100888_23173622.jpg








 「エコ見沼」は見沼をフィールドに環境問題をテーマに楽しみながらいろいろ取り組んでいますので、興味のある方は問い合わせてみるといいかも。

詳しくは→こちらです
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-09-29 21:53 | 日々のこと

大浦牛蒡と豆腐の雷汁

○今週の農場レシピ  by あいこ

  Vo.17 『ごぼうと豆腐の雷汁』

a0100888_2125293.jpg
 採れ始めたゴボウで、さっそく秋を感じられ
る一品です。
ごぼうからもだしが出て、とってもおいし
い!この汁、ちょっと料亭っぽいかも!?






     〈材料〉 ごぼう しょうが 豆腐 ごま油 長ねぎ だし汁 塩 醤油

     ①ごぼうはささがき、ショウガは千切りにし、 
       多目のごま油で炒める。
     ②だし汁を注ぎ、ごぼうが柔かくなったら、豆腐をくずし入れる。
     ③塩と醤油で調味する。
     ④ねぎを散らして出来上がり!



    *ワイルドな形の大浦ごぼう。料理するのは、ちょっと大変ですよね。
     細い根っこなどは、昆布やかつおと一緒にダシにしても
     いい味になります。
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-09-23 21:06 | aikoページ

赤皮かぼちゃとクルミのサラダ

○今週の農場レシピ  by あいこ

  Vo.16 『赤皮かぼちゃとクルミのサラダ~自家製マヨネーズ~』

a0100888_2132781.jpg
 クルミのコリコリした食感とかぼちゃの
組み合わせは、抜群!
マヨネーズも自家製にすると、格別です。
赤皮かぼちゃは、冷たくしても、固くしまらな
いので、サラダにぴったり!



     〈材料〉 赤皮かぼちゃ  クルミ  パセリ  塩
*マヨネーズ  卵黄1個  油1カップ弱  酢大さじ1 塩 コショウ
     ①かぼちゃを適当な大きさに切り、塩少々して蒸す。
     ②マヨネーズを作る。
       油以外の材料をボールに入れ、泡だて器で混ぜる。
       油を少しずつ入れ、よく混ぜながら、乳化させる。
     ③蒸したかぼちゃが冷めたら、くるみ、パセリ、マヨネーズと和え、
塩、胡椒などで味をととのえる。

     *マヨネーズは、かなりぽってりできるので、お酢や油、蒸し汁などで、
      少しのばしてから使うとよいと思います。
      クルミもフライパンでローストすると、香ばしくて、さらにコリコリ!

 おまけレシピ 「赤皮かぼちゃのポタージュ」
a0100888_21323724.jpg
  材料:かぼちゃ 玉ねぎ 牛乳(豆乳)
      (ローリエ) 塩 コショウ




①薄切りにした玉ねぎをゆっくり炒め、
スライスしたかぼちゃを加える。
②水とローリエ(あれば)を入れ、柔かくなるまで煮る。
③牛乳または豆乳を足しながら、ミキサーで撹拌し、
塩とこしょうをする。
温かくても、冷たくても!
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-09-17 21:34 | aikoページ

援農

 昨日はまたまた正木さん が手伝いに来てくれる。しかももう1名連れて。
Sさん(女性)。名刺をもらうとCOACHING-FILL、CPCC米国NLP協会マスター・プラクティショナーとある。その人が本当にやりたいことを見つけたり、やりたい方面へ向かわせる思考的なサポートをする仕事だそう。(←合ってるかな?)

そう言えば、自分も(そこそこ楽しかった)サラリーマン時代、自分が将来どうしたいのかを結構真剣に考えていて、悶々としてた時があったっけ…。そんなとき、本屋へ行きそういう本を買ってきては、カフェへ行ったり、海へ行ったりして一人静かに自問自答してた。まあ結局、ラチが空かず、もっといろいろな世界を見たくて、サラリーマン辞めて旅に出ちゃったわけだけど…。

 正しいか正しくないかはわからないけど、今思うと、あの時点で一度気持ちをリセットできたことが、今に繋がっている。でもまさか自分が農業をやろうとはあの時点では夢にも思わなかったけど…。人生はどこでどうなるか本当にわからない。気がついていたらこうなっていた。心がけていたことは”自分に嘘をつかないこと”。ここがぶれてしまうと、その後の人生もぶれてしまうように思った。

 おっと、ちょっと脱線しましたが援農!ゴボウの草取り、人参の間引きをしてもらい、昼はいつものごとくおいしい空気が流れてました。

レッドムーンのバジルソース和え   秋ナスのカポナータ       ひじきと豆のご飯
a0100888_21221242.jpga0100888_21222714.jpga0100888_21225894.jpg






a0100888_21255916.jpgそして、マクロビオティックの料理教室の先生で、うちの野菜をとって頂いているKさんから頂いた、採りたての生きたホタテをシンプルにソテーにしました。絶品!




a0100888_2128687.jpg食後のデザートは友人である河崎さんの旅先(青森)からのお届けものの捥ぎたて桃は、やっぱり丸ごとで!





生きることとは、食べること。そんなことを感じる時間。
今日も、生きてて良かった!
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-09-10 19:44 | 日々のこと

空心菜のアジアン焼飯

○今週の農場レシピ  by あいこ
  Vo.15 『空心菜のアジアンチャーハン』

a0100888_22522459.jpg
 東南アジア原産の空心菜。
現地の人たちは、こんなふうにして
食べているのかなーと、
タイあたりを想像しながら作ってみました。
あっつい日に食べたい!





     〈材料〉 空心菜  油  卵  ごはん  にんにく  干しえび
               豆板醤 ナンプラー レモン汁 塩 こしょう

    ①干しえびはぬるま湯でもどす。
      空心菜はざく切り、にんにくは、みじん切り。
      調味料類とレモン汁、干しえびの戻し汁は合わせておく。
    ②フライパンに油を熱し、溶いた卵を割り入れ、
      ご飯を包むようにして炒め、取り出しておく。
    ③ニンニクを炒めてから、干しえび、空心菜を加え、
      ①の合わせた調味料類を入れて炒め、②の炒めたご飯を加える。
      塩、こしょうで味を調える。

   *空心菜は、たっぷりと入れてネ。加熱すると減っちゃうので。
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-09-08 22:46 | aikoページ

新月夕市

 8月の終わりは毎日毎日、雨(それも大雨)ばかりだった。おかげでほとんど畑での作業が出来ず、秋・冬作の準備が一向に進まない。昨年の一番の反省点だった「夏から秋作への転換をスムーズに移行させること」が今年もやばい状況。。。畑はやはり足りない。。

 そして、大量に蒔いたキャベツ、ブロッコリー、レタス、白菜が虫に食われて、こちらもやばい状況に。畑での育苗で毎年上手くいっていたが、こんな虫の食われ方は今年初めて。いろいろ原因はあり、一番は育苗の場所が悪かったのだと思うが、かなり心のダメージが大きい。でも状況は変わらないわけで、無理矢理気を取り直して育苗場所を変え、追い蒔きをすることにする。(間に合うかどうか。。)

 農業は失敗の連続。今は失敗の中から何かを見つけ、それを経験値にしていくしかない。よく観察することと、リスクヘッジすること、と自分に言い聞かせる。

 先日、さいたま杉戸町で行われた「新月夕市」。このイベントはyuzuriの折原さんが自分たちが住む地域を良くしたいとの想いで始められたそうです。天気が心配でしたが、何とかもって良かった!わざわざお越しいただいた方や新しい方たちとも出会えました。ありがとう!
バジルペースト、好評でした。

a0100888_2140191.jpga0100888_21371546.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-09-04 20:44 | イベント関係