S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

さいたま市「見沼田んぼ」で新規就農(就農4年目)。夫婦二人で有機農業してます。
by windvalleyfarm

<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

野菜の旬

風の谷農場では、年間で60種類くらいの作物を育てているので、季節の野菜を知らない人は、さぞ入れ替わり立ち替わりで毎回、違う野菜があるのだろうと思われている節があるような気がする。(特に野菜セットで。)

もちろん少しずつ変わっていくのだけど、実際はしばらく同じ野菜が続くケースが多い。
夏はキュウリ、ナス、トマト、ジャガイモばっかりになるし、冬は大根、白菜、キャベツ、里芋が続くのである。逆を言えば、大抵の野菜は本来その時にしか食べられない。自然界では冬にトマトやキュウリは生らないし、作りたい(ハウスなどで)とも思わなければ、食べたいとも思わない。
(と、偉そうなことを言っていますが、数年前までは僕も野菜の本来の季節は知らなかったです、はい。)

毎日毎日、晴れ・雨・風・台風・雪などにもろにさらされ、春・夏・秋・冬というものを肌で感じていると、改めてその土地と食べ物が密接に関わっているのだなあ、と思う。自然とその土地の恵みを食べたくなる。これって理屈じゃないね。

いいことも悪いことも、真実と言われていることも、そうでないことも様々な情報が入ってくる現代社会で、知らず知らずのうちに頭の中に「知識」として入ってしまったものを、どれだけリセットできるかが自分の中の一つのテーマ。

唯一従うのはそこにある「自然」です。

a0100888_22173965.jpg今日も日が暮れた「見沼田んぼ」
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-05-28 22:54 | 想ウコト

変わったこと

ようやく種蒔きや植え込みも終盤を迎えつつある。
そして今度は夏野菜のケアにまわり、梅雨に入ると雑草に頭を悩ませ、その後は猛烈な日照りとの戦い、そして秋風がかすかに吹いたかな、と思う頃、また種を大地に下ろしていくのである。

この春から駆け抜けてきた風の谷農場、変わったことがいくつかある。

まず、畑の近く(さいたま市)に越してきたこと。一戸建ての小さな借家。地方の田舎ならともかく
このあたりで新規で農家を始めるのにベストな物件は中々見つからなかったが、2台分止められる小さな駐車スペースもあり、狭いながら出荷作業もここで出来、家賃も安かったので即決。2階に和室が2部屋あるので手伝いにきた人も泊められるかも知れない。畑からも近い。現段階ではベストかな。

そして畑が増えたこと。秋までにもう少し借り足すので、面積は作年の倍近く(9反くらい)になる予定。

あと、お米作り。これはNPO法人「見沼保全じゃぶじゃぶラボ」さんにお世話になり、一年間お米作り(不耕起栽培)の勉強、また地元の方との交流をしたいと思い参加。来年は水田を借りて、お米も始めたいなあ。まあ、まずは自給分からだけど。

そして最大で最高の変化は4月からスタッフ(パートナー)の岸愛子さんが来てくれたこと!
今までやりたくても出来なかったこと、生活のリズム、精神的な負担やその他もろもろのことが
解消していき言葉にならないくらい助かっている。本当に彼女の存在が何より大きい。

こんな「風の谷農場」ですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

a0100888_2123286.jpg収穫中の新タマネギ
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-05-25 08:44 | 日々のこと

自然食品の店みやけ

a0100888_1141598.jpg東京都北区の志茂(赤羽駅から徒歩10分)にあるお店、『自然食品の店みやけ』さん。
こちらに今、毎週土曜日に風の谷農場野菜が並んでいます。

何を隠そう、私の叔父さん夫婦が経営しているお店。
「真の健康」をテーマにした品揃え、情報をお客様に提供しています。

私の生まれ育った場所、下町の赤羽にはこうしたお店がほとんどありませんでした。
少しずつ、一人でも多くの人に理解してもらおうと、赤羽の外れに夫婦二人で小さなお店をOPENし、9年目になったそうです。常に努力している姿、いつも見習わなければと思っています!

私がサラリーマンを辞め、小さな畑を耕し始めた時から、出来・不出来にかかわらず野菜を置かせてもらっています。本当に感謝です。

お近くの方は是非、行ってみて下さいね!

a0100888_1185411.jpg東京都北区志茂2-59-7
「自然食品の店みやけ」
TEL&FAX→03-3902-5335
HP→http://www.purple.dti.ne.jp/miyake/
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-05-19 06:19 | お店・団体

新規宅配、開始しています!

a0100888_8363696.jpgたくさんの方からお問い合わせ・お待ちいただいている「風の谷農場宅配便」の新規受付が再開しています!

宅配のシステムが多少変わりましたので、詳しくはカテゴリの【宅配・お問い合わせ】をご覧になって下さい。
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-05-14 06:32 | お知らせ

プロフィール

a0100888_215551100.jpga0100888_21574517.jpg






a0100888_2205148.jpg






風の谷農場 / kazenotani farm

 埼玉県さいたま市。街中にぽっかりと奇跡的に残されている、首都圏最後の大規模緑地空間と言われる「見沼田んぼ」。

 未だに残る昔ながらの農村風景、里芋・八つ頭畑、生息する多くの野鳥や生き物たち、神秘的な社寺、縄文・弥生時代の遺跡、そして数々の「竜」にまつわる伝説・・・。そんな自然・歴史の奥深さを持った見沼の地に「風の谷農場」はあります。

 自給をベースにした見沼の地に寄り添う農業、naturalで、simpleで、peacefulな農業Lifeのカタチを目指しています。



三宅 将喜 / miyake masaki

1972年、東京都赤羽生まれ。
大学卒業後、大手流通業に就職し、デリカテッセンマネジャーに従事。2000年退職し、バックパック一つアジア10ヶ国を旅する。飲食店勤務を経て、埼玉の有機農家で研修後、2006年より「風の谷農場」を始める。2010年より第2期風の谷農場として新たな方向へスタートを切る。

    愛子 / aiko

1980年、さいたま(旧大宮)生まれ。
大学卒業後、料理好きから飲食業を転々としつつも、辿り着いたのはやっぱり農家(生家も農家!)。夢は外の自然・内なる自然と一体となること。目指すはここ見沼の地でのタイマグラばあちゃん!

     生太郎 / shoutaro
2009年さいたまに生まれる。
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-05-10 06:02 | プロフィール

むすび市VO.2

a0100888_23434451.jpg「むすび市」に出店してきました。

快晴の中、たくさんの人!
開始から2時間足らずで野菜は完売してしまいました。。
いつも野菜セットを取ってくれている方、近くの自然食品店(かぎろひさん)でうちの野菜を買ってくれている方、またここ(麻こころ茶屋さん)で食べいる方が足を運んでくれて、話していったり、感想を言ってくれたりして、対面販売の良さを改めて感じた今回でした。

普段、ほとんどの時間を畑で過ごしているので、久しぶりに新鮮でしたね。
麻こころさんの作る今回のランチメニュー、ヘンプバーガーも感動もの。

優しい晩餐会でのKURIのライブもワールドミュージックでありながら、どこか懐かしく、日本人的で心に響くものがありました。

これをエネルギーにして、今日からまた野菜を育てていきます。

a0100888_23455848.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-05-05 23:30 | イベント関係

明日はむすび市!

明日、麻こころ茶屋さん主催の「むすび市」に出店します!
第一回目は本当に大盛況で、とても素晴らしい時間&空間でした。今回も手づくりやさん、YAMA COFFEEさんをはじめ「おいしい出店」で、風の谷農場はお野菜を直販します。
今の時期に採れる旬のお野菜を持っていきますね。

その後の「優しい晩餐会」(ライブ&ディナー)は残念ながら、早々に!予約が埋まってしまった
そうですので、是非、「市」にいらして下さい。

場所:CAFE 麻こころ茶屋
日時:5月4日  11:00~16:00
入場:無料

以下、むすび市パンフレットより抜粋

『むすび市とは・・・
埼玉を拠点に活躍する素敵なものづくりをなさっている人たちが集いご縁を結んでひらかれる
小さな手づくりの市。日々の暮らしにそっと寄り添う「おいしいもの」「たのしいもの」が麻こころ
茶屋に集います。皆様のご来場を心よりお待ちしております。』
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-05-03 07:15 | お知らせ