カテゴリ
全体
プロフィール
日々のこと
想ウコト
aikoページ
イベント関係
お知らせ
お店・団体
宅配・お問い合わせ
その他のジャンル
以前の記事
2012年 03月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

さいたま市「見沼田んぼ」で新規就農(就農4年目)。夫婦二人で有機農業してます。
by windvalleyfarm

<   2009年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

畑の様子

 8月ももうすぐ終わる。何と早いことか!
しかも、お盆中一週間作業が出来なかったつけが早速回ってきている。
秋・冬野菜用の空き畑が足りない(というか、出来ていない)のだ。就農4年目、そろそろ夏から秋への移行をもっとスムーズに行いたい…。それでも最近、ボランティアで来てくれる方が多く、猫の手も借りたい現状では助かります。随時、受け付けていますので、興味ある方はご連絡下さい。

→048-878-7053
→kazenotani-farm@tempo.ocn.ne.jp

ブログ上で今年は畑の写真がないことに気がついたので、ちょこっとアップしようかと思います。

秋・冬葱。これから白い部分が伸びる    こちらはゴボウ畑              苗もの
a0100888_23164465.jpga0100888_23191774.jpga0100888_23443499.jpg








キャベツ、ブロッコリーなど         里芋。左端2列は2年間無肥料  イギリス人ジュリアン 
a0100888_23201085.jpga0100888_23203443.jpga0100888_23454435.jpg








植え付けはこれから10月上旬までが勝負!

*宅配の問い合わせですが、9月は単発を含めて新規宅配の方の受付を中止させて頂きます。
 再開は10月中旬頃を予定しています。

[PR]
by windvalleyfarm | 2009-08-29 22:58 | 日々のこと

我が家の暮らし方①

~aiko's page~

  Natural, Simple&Peaceful な暮らしを求めている私たち。まだまだ理想には、
程遠いけれど、これから何回か我が家の暮らしぶりを紹介していこうと思います。


       「我が家の暮らし方 ① ~食のこと~」

  1日のうちの3度の食事。これは誰にとっても最大の楽しみでもあるし、幸せな
時間だと思います。といっても、私たちの食卓はいたってシンプル。ほとんど毎日、
朝、昼、晩とごはん(お米)を食べ、それにふんだんに野菜を使った料理、お味噌汁
は、あったりなかったり、といった具合です。
  お肉は、野菜をよりおいしく食べるために炒めものや煮物に入れる程度、お魚は
ときどき焼くくらい(ジャコはよく食べます)、卵は好きでちょくちょく食べてます。
野菜中心の食生活を送っている我が家にとっては、お刺身やステーキなんて、
ホントに特別なもの!よく使う加工品も、お豆腐や納豆くらいなものなので、
買い物に行くのは、月に2回くらい。とってもラクチンです。

  こんな質素な(!?)食ですが、こだわりはちゃんと持っています!
たとえば、よりおいしく調理できるようにイイ鍋を使ったり、良質な調味料や油を
使ったり。これらは、我が家の家宝かも!そして、食材は、なるべく近くで育てたり
獲ったりされたもの、伝統的、良心的に作られたものを選んでいます。

  フードマイレージ(食べ物の輸送距離)が、世界の中で、ダントツ1位の日本。
地球環境や、食料自給率、崩れていく食文化などのことも考えて、何を食べるかと
いうことは、とても大切な気がしています。
  とはいいつつも、頭であれこれ考えるより、体いっぱいに自然を感じたい私たち。
今のところは、まだいろいろなものを買っているけれど、田んぼを借りてお米を育て
たいとか、鶏を飼って卵をもらいたいとか、果樹を植えたい・・・
などなど、夢は膨らむのです。
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-08-27 22:23 | aikoページ

新婚旅 in岩手

 季節はすっかり秋っぽくなりました。こんな涼しいとキャベツやブロッコリー、今年から力を入れようとしているロマネスコなどの苗ものが例年になく好調。今年は4回にも分けて蒔いています。

 先週のお盆中、私達は岩手へ行ってきました。考えてみると、二人で旅行なんて忙しくて結婚してからはもちろん、出会ってからもほとんどなかったなぁ…(1泊2日で那須へ行っただけか)。今回は半ば強行しての3泊4日の旅行で、妊娠8ヶ月、大きくなったお腹を抱えた愛子との新婚旅行でもある。

a0100888_22541782.jpga0100888_2254366.jpg






 行き先は、早池峰山の麓にある小さな集落「タイマグラ」。

 「タイマグラ」はアイヌ語で「森の奥へと続く道」という意味だそうで、そこは本当に人里から遠く離れた森の中。日本で最後(昭和63年)に電気が通った村で、僅か6世帯が住んでいました。熊が出るのは当たり前!ということで、外に出るのも勇気が要り、終始ビクビク。キャンプ場に泊まるもトイレへ行けず、二人してドア越しに野に放つ始末(笑)。旅行しててこんな不自由な思いをしたのは初めてかも…。(だって、熊がいるから!)

森の中で夕食(自炊)           おいおい…a0100888_0153516.jpga0100888_0165987.jpga0100888_0262557.jpg







 ここへ来た目的。それは昔から変わらぬ生活をしていたあるおばあちゃんの家やおばあちゃんが過ごしていた風景や空気に触れたり、その周辺に住んでいる方々を訪ねて、暮らしぶりを聞いたり、お話しを聞くこと。ドキュメンタリー映画「タイマグラばあちゃん」を以前愛子が観て、今回行こう!となった。

 おばあちゃんはもう亡くなってしまったので、この映画を撮った澄川監督に、ばあちゃんの家や畑を案内していただき話を伺う。他にもこの地に魅かれ移住してきた方々にも出会い、今回泊まることになった渓雲荘の井上さん、フィールドノートのご夫婦、タイマグラばあちゃんの畑で有機農業をされている照屋さん、桶職人の奥畑さん…。芯のある素敵な方々ばかり。そしておばあちゃんのことを必ず話してくれる。まるで伝承している?ように。

a0100888_0114773.jpga0100888_0115968.jpga0100888_0121222.jpg






 ここへ来て思うこと。それは、こんな山奥の厳しい自然の中でも人は暮らしているということ。町中の暮らしや自分たちの暮らしと同じように、タイマグラの暮らしがあるということ。どちらも現実で、同じ時間の中に違う暮らしがあるという、当たり前のことだったように思います。エコとかリサイクルとか環境問題という言葉を使うのが気恥ずかしくなるくらい、ここでは自然体でした。そして表層的なことよりも大きな視点で「生きる」ということにおいて、何かでーんとした腰の据わったものを感じました。

 身体をよく動かすこと、人や動物や虫の命に隔てがないこと、自然のリズムの中で自然に生かされているということ。生きるために生きるということ。そんな当たり前でシンプルなこと…。

 澄川監督のタイマグラを舞台にした最新作「大きな家」が東京の「ポレポレ東中野」で11月に公開されるそうなので、興味がある方は見に行ってみては?私達も楽しみにしています!

 最終日は花巻へ!言わずと知れた宮沢賢治がイーハトーヴと呼んで愛した故郷。賢治作品が好きな私としては前からずっと行ってみたかったところ。文学、農学、地学、天文学、宗教、哲学、語学、音楽、芸術…と多才でありながら、教師を辞めてわざわざ農民の道を選び生涯を閉じた。雨ニモマケズ~はやはり心打たれるものがある。
                                       妊娠8ヶ月のお腹を抱えてa0100888_044086.jpg
a0100888_045643.jpga0100888_055218.jpg







 今回新婚旅行を終え、僕も愛子も何か根本のところで同じ感覚(価値観)を持っていることに気づいたような気がします。風の谷農場の方向性、ゆっくりとゆっくりと変わっていくでしょう。

~われらに要るものは銀河を包む透明な意志 巨きな力と熱である~(農民芸術概論綱要より)

a0100888_0195186.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-08-18 22:00 | 日々のこと

ジリミリ2009

 今年も盛り上がった!地元のカラフルな夏イベント、「ジリミリ」が終わりました。

 途中、雷雨があったにもかかわらず、お客さんを含めて参加者のパワーで最後まで盛り上がりました。
出店者もさいたまの方々ばかりで、地元にこだわり、これだけの繋がりを作っている自然食品店「かぎろひ」さんは凄いなあ、と思います。そしてこのイベントが終わると、何だか夏まで終わったような気持ちになるのは不思議ですね…。

 うちの野菜を食べてくれている方、いつも野菜をとってくれている方、足を運んでくれてどうもありがとうございました!初めて会う方もいて、とても嬉しかったです。

  冷やしトマトと(あいちゃんの)いろいろトマト煮の瓶詰め→完売!a0100888_0432587.jpga0100888_0441026.jpga0100888_0463030.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-08-11 00:48 | イベント関係

夏のイベント

 随分とご無沙汰の日記となってしまいました。
この間もいろいろあって、いろいろ想うこともあり、いろいろ書きたいこともあるのですが、
今日はお知らせです!

a0100888_2352623.jpg











       「 アースギャザリング  ジリミリ」

  今年のジリミリももうすぐです。「ジリミリ」とは、ネパール語で「カラフル」
の意味だそうで、いろいろな人、モノ、ことが集うということからこの名が付け
られたイベントです。風の谷農場も毎年参加させてもらっていて、もう、この
お祭りなくして夏が終わらないくらい楽しみにしているのです。野菜を
通して出会えた方とこの場で再会できるのも、すごく嬉しいです!
  選りすぐりの素材で作られたおいしい屋台、地元の作家さんの様々な
作品、アロマトリートメントなどの癒し系などなど・・・普通のお祭りとは
ひと味違うユニークなイベントです。お時間のある方、ぜひいらして下さい。


とき: 8月9日(日)  2:00pm ~8:00pm
場所: ギャラリー&喫茶 温々広場(店舗は夏期休業中)
     さいたま市見沼区丸ヶ崎1856
     バス・・JR東大宮駅東口「アーバンみらい」方面行きファミリータウン入り口下車
持ち物: マイバッグ、箸、皿、カップなど
     (ゴミを出さない環境に配慮したイベントなので、忘れずに☆)


*  駐車場はありません。自転車はOKです。
** 残念ながら夏休み中の「温々」さんですが、とても素敵な空間で、
    私たちも大好きなカフェです。まだ行かれていない方、営業が
    始まったらぜひ足を運んでみてくださいネ。
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-08-06 23:09 | お知らせ