カテゴリ
全体
プロフィール
日々のこと
想ウコト
aikoページ
イベント関係
お知らせ
お店・団体
宅配・お問い合わせ
その他のジャンル
以前の記事
2012年 03月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

さいたま市「見沼田んぼ」で新規就農(就農4年目)。夫婦二人で有機農業してます。
by windvalleyfarm

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

映画上映@東大宮

a0100888_8522722.jpg 2月1日(日)
東大宮でエコ見沼主催の映画上映があります。

詳しくは→こちら

原発で使った燃料からプルトニウムを取り出す再処理工場をめぐる問題。一般的にはあまり知られてない事実を追ったドキュメンタリー映画「六ヶ所村ラプソディ」の続編と「核分裂過程」が上映されます。

これはそのまま私達の暮らしに直結する問題では?

難しいことはよく分からないけど、当日は自分達も参加します!
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-01-30 08:08 | お知らせ

なんでもかんでも野菜のスープ

○今週の農場レシピ  by あいこ

Vo.32    「なんでもかんでも野菜のスープ」


a0100888_2249830.jpg ある配達の日に、お客様のところで、
「あいちゃんのところの野菜で作ったの。
食べていって!」
と、出してくださったこのスープ。
 なんだかいい味なのに、作り方を聞いたら
 とっても簡単!
 中途半端に余っている野菜など、どんな
ものでも入れちゃっていいそうです!


    〈材料〉 ありあわせの野菜(写真では・・・里芋、人参、ごぼう、長ねぎ、白菜、
                                      しいたけ、玉ねぎ、タアサイ)
          ニンニク   オリーブオイル  牛乳(豆乳)    
          だし汁(煮干/こんぶ椎茸/チキンブイヨンなど) 塩 味噌 

      ① 鍋にみじん切りにしたニンニクとオリーブオイルを入れ、ニンニクから香りが
        出るまでゆっくりと熱する。
      ② 適当な大きさに切った野菜を入れ、炒める。
      ③ ひたひたまでだし汁を注ぎ、柔かくなるまで煮る。
      ④ 仕上げに牛乳(豆乳)を入れ、塩とほんのちょっとの味噌で調味する。

    
    * 仕上げのほんの少し(小さじ1くらい)の味噌が重要!だそうです。
       それがないと、味がキマらないみたい。ほんとにそうでした!
    * お好みでハーブを入れてもおいしい。
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-01-29 22:41 | aikoページ

長芋と鶏肉のスープ

○今週の農場レシピ  by あいこ

  Vo.30 「長芋と鶏肉のスープ」

a0100888_21442720.jpg
生で食べる長芋も大好きですが、
加熱してホクホクした食感を楽しむのも
気に入っています。
すごく簡単なスープですが、やみつきにな
るおいしさです!
長芋は大胆に大きく切るのがおすすめ。

 
    〈材料〉 長芋  鶏肉  塩  こしょう

   ① 長芋は皮を剥いて大きく切る。鶏肉は適当な大きさに。
   ② 鍋に水を沸騰させ、切った鶏肉を入れて、ごくごく弱火で煮る。
   ③ 途中で、長芋を入れ、ホクホクと柔かくなるまで煮る。
   ④ 塩で調味し、器によそり、胡椒を挽く。
  

   * お肉が苦手な方は、かわりにきのこをたっぷり入れてもイイ味です!
   * ホクホク長芋の味噌汁もおいしいヨ。
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-01-23 21:38 | aikoページ

「しあわせなお産をしよう」

 最近はポンポンと事が運ぶ。
いわゆる「シンクロ二シティ」が起こっているようなのだけど、これは自分が本当に望んでいるものが分かっているとき、潜在意識に働き、それが無意識のうちに顕在してくると言う。何にしてもグッドタイミングでハウス付きの条件のいい畑を借りれたのは大きかった!

先日、あるDVDを観る機会があり、良かったのでお知らせします。

a0100888_8334556.jpg
DVD&BOOK
「しあわせなお産をしよう  自然出産のすすめ」
/吉村 正


同じ著者の『「幸せなお産」が日本を変える』もオススメです。 

感じるものがいっぱいです。
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-01-21 22:31 | 日々のこと

大浦ごぼうのハーブ醤油煮

○今週の農場レシピ  by あいこ

  Vo.29 「大浦ごぼうのハーブ醤油煮」

a0100888_9214987.jpgごぼうをハーブで煮るとおいしいと聞き、
やってみたら、「ウマイっ!」って叫んじゃう
位のおいしさでした!
ハーブとごぼうの香りってよく合うんです
ね。こんなふうに、ちょっぴり洋風にしたご
ぼうもなかなかです。
柔かな大浦ごぼうは、煮物にもぴったり!

 
    〈材料〉 大浦ごぼう  お好みのハーブ(ローリエ・タイム・ローズマリーなど)
          オリーブオイル  醤油  みりん  
   ① ごぼうは食べやすい大きさに切る。
   ② 厚手の鍋にたっぷり目のオリーブオイルとハーブを入れ、切ったごぼうを
     甘い香りが出てくるまでじっくりと炒める。
   ③ 水を少なめに入れ、ごぼうが柔かくなるまで煮る。
   ④ 醤油とみりん少々で味をつけ、煮きったら出来上がり。

   * ハーブはいろいろなものがブレンドされたエルブ・ド・プロバンスが
     おすすめ!様々な料理に使えて、味をキメてくれる、とっても便利な
     ハーブミックスです。
   * みりんは、甘さを感じない程度にネ。
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-01-17 09:18 | aikoページ

長芋たっぷりのお好み焼き

○今週の農場レシピ  by あいこ

  Vo.28 「長芋たっぷりのお好み焼き」
a0100888_91791.jpg
 長芋をたっぷりすりおろして入れると、
ふんわり、もっちりと、なんともおいしい
お好み焼きになります。
 ソースにマヨネーズもいいけれど、
さっぱりと、おろしポン酢や辛子醤油も
おすすめです!

 
       〈材料〉 長芋 長ねぎ 椎茸 小麦粉 卵 桜えび 油

   ① 長ねぎ、椎茸は千切り、長芋はすりおろしておく。
   ② 小麦粉を水(またはだし汁)でかために溶き、卵とすりおろした長芋を入れ、
      もったりとした生地にする。
   ③ 具を入れ、よく混ぜて、油をひいたフライパンで、じっくりこんがりと
      両面を焼く。
   ④ お好みのタレでどうぞ。
      * 具は何でもオッケーです。定番のキャベツはやっぱりウマイ!
        私は、中途半端に余ったおかずなどをこっそりと入れちゃいます。
        写真のものには、ゆでて余ったうどんも入っていますが、
        これがおいしかった!
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-01-11 09:10 | aikoページ

2009スタート!

 明けましておめでとうございます!(ちと遅いですが。。。)
今年は6日が仕事始め。そして9日から出荷も始まりました。
これから北風が強まり、「大寒」に向けて厳しい寒さが続くけど、ぼちぼち体を慣らしていかなくては。

 正月は挨拶まわり、新年会やら友人と会ったり…と4日まで飲み歩き、5日にようやく家の掃除を。(年末出来なかった?ので。。)あいもちょっとお疲れ気味…。

 2日は毎年恒例となった元研修先の研修小屋での仲間との新年会。今回はうちらの結婚祝いも兼ねて、というサプライズもあってビックリ!農業の「の」の字も知らず、小松菜とほうれん草の区別さえままならなかった(笑)僕はここの門を叩き、田中さんに有機農業のいろはや考え方、時に人生訓まで教わった。あれから5年…。月日の経つのは何と早いことか。ここで一年研修を終えて、各人が散らばっていったけど、今も皆、やはり何かしらの形で「農」に関わっている。
→同期の港さんのブログ

 「有機農業」に目を向ける人はおのずと「環境問題」から入ることが多い気がするけど、自分を含めて、情報を元に頭で「環境問題」をあれこれ考えるより、一旦「土」をベースとした仕事や暮らしを経験してしまうと、人間中々そこから離れられないものなのかなあ…なんて思った。
「土」ほど確かな恵みをもたらしてくれるものはないのだから。

毎年のお正月は初心を思い出す時である。


     『本気』   本気ですれば   大抵のことができる
             本気ですれば   何でもおもしろい
             本気ですれば   誰かが助けてくれる

     『土は』   食べ物を育て   心を耕し   命を養う

       ~研修小屋に書かれていた田中さんの言葉~

作ってくれたバースデーケーキ        また来年も!(左前が田中さん)a0100888_234682.jpga0100888_23475062.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-01-10 21:48 | 日々のこと