カテゴリ
全体
プロフィール
日々のこと
想ウコト
aikoページ
イベント関係
お知らせ
お店・団体
宅配・お問い合わせ
その他のジャンル
以前の記事
2012年 03月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

さいたま市「見沼田んぼ」で新規就農(就農4年目)。夫婦二人で有機農業してます。
by windvalleyfarm

<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

柳瀬&渕野君、来畑

 ここ2日間、結構な雨が降る。ここ見沼の土地は畑にもよるが、一旦大雨が降ると、しばらく水が引かないので、作業はもちろん根菜に限っては収穫すらできなくなる。土もの(根菜)が多いこの時期は、常に前もって収穫しておく必要がある。
里芋、ゴボウ、長芋…泥が多いので、収穫も、調理も多少面倒だけど、味はかなりいいです!

自称イケメンな二人(彼女募集中!)a0100888_0151810.jpg 先日、元研修先の代は違うけど、同じ田中農園の元研修生で親交のある柳瀬&渕野君が手伝いに来てくれる。二人とも研修を終え、紆余曲折しながら、「農」や「環境」をキーワードに自分の道を模索している。こういう人は今かなり多いと思う。昨今の日本や世界の情勢や問題を見れば、少し敏感な人はそっちへ人生の舵をとる選択をしてもおかしくない時代だと思う。でも、その受け皿が今はあまりないし、自分でやるとなると、覚悟もリスクも必要で(これは農業に限らず全てそうだと思うけど)、中々踏み出せないというところかな。

 風の谷農場(農業)はライフスタイルであり、大好きなことであり、それを具現化する場所。それで生きるために必死で頑張るというシンプルなもの。それを突き詰めていくことで、結果として世の中に恩返しができればいいと思っている。

農業はPEACEであると同時にROCKでもある。 
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-11-29 22:28 | 日々のこと

むすび市vo.3

 昨日、麻こころ茶屋さん主催の「むすび市」に風の谷農場(あいちゃん、そしてヘルプで私の弟で)、出店してきました!何とか天気ももち、今回もとても多くのお客さんが来ていました。

 YAMA COFFEEさんの珈琲、手づくりやさんの天然酵母パン、さくらの家さんの福来茶、吉澤さんの陶、Riforさんの植物、Houseさんの革、そして麻こころさんのお菓子と食事、ワイヤー雑貨。真摯に取り組んでいる方々のものたちに囲まれた空間。

 普段からうちの野菜をとってくれている方が来て話していってくれたり、新しい方との出逢いもあり、今回もとても有意義で、感謝に溢れた時間でした。ありがとう。

 また新たな気持ちで、そしてより深く、風の谷農場は野菜と向き合っていきます。


 そして、この同じ日に大学からずっと親交のある友人、島村君の結婚式があり、自分(まさき)はそちらへ行っていました。以前、WEBデザイナーの仕事をしていた経験を持つ彼が、この「風の谷農場ブログ」を昨年、創ってくれたのです。それ以前も自分がアジアを放浪していた時にも、カッコいいサイトを創ってくれて、結構反響が多く、彼の能力の高さに驚きました。
 
 その彼も、結婚。いつまでもお幸せに。おめでとう!!
 
 
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-11-25 08:29 | イベント関係

明日は「むすび市」

 いよいよ明日は、恒例となった東大宮の麻こころ茶屋さんで開かれる「むすび市vo.3」!
最初から参加させて頂いているので、今回で3度目の出張販売です。毎回、いい感じの雰囲気
で、おいしいものや素敵なものたちが集まっているので、個人的にもとっても楽しみです!

 この時期の野菜は豊富ですが、特に見沼の土地に合う根菜類がお薦めです!霜が降りて、旨みが出てきました。少し珍しめの野菜も持っていきますので、是非、遊びにいらして下さいね~。

「むすび市」11月24日

場所:麻こころ茶屋

時間:11:00~16:00

入場無料

詳細はこちら
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-11-23 06:11 | お知らせ

季節の変わり目

 早朝、畑へ向かう道、今年一番の富士山を見る。裾野まで広がるその姿を見ると、まだ眠たいはずの頭や目も自然と冴えて、子供のようにウキウキしてしまう。
高い建物や障害物が一切ないから見えるこの光景。さいたま市にありながらこの地が残ってきたという事実、残してきた人たちに感謝しなければならないと思う。

a0100888_0223193.jpga0100888_0234591.jpg






 最近の見沼田んぼの景観は美しい。春先にかすかに木が芽吹くのを見てから、毎日毎日季節と共に青々と繁っていくのを見、今まさに葉は黄色に、赤に、その他様々な色に…と落葉の準備に入っている。散りゆく前が一番儚く、美しいならば、これからの見沼は一番美しいときなのかも。

 そして、今まさに見沼の季節は変わろうとしている。夕暮れ時の太陽、空、雲、風、空気…がそう知らせてくれる。そしていつも、何だかわからない”無意味な嬉しさ”が体の中から込み上げてくるのだから不思議なもんだと思う。

 この仕事をしていて一番嬉しいのは、もしかしたらこういう瞬間(季節の変わり目)に遭えることかも知れないね…と、帰りの軽トラの中で二人で話していた。

 百姓って素晴らしい。

a0100888_0401742.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-11-19 22:23 | 想ウコト

タアサイの中華あんかけ

○今週の農場レシピ  by あいこ

  Vo.25 「タアサイの中華あんかけ」

a0100888_22285671.jpg
小松菜にも似ているような味や香りだけど、
やっぱりどこか中国っぽいタアサイ。
ごはんにかけて、中華丼にしたら、
コレが絶品!でした。
焼きソバにかければ、あんかけやきそばに




     〈材料〉 タアサイ にんにく 生姜 玉ねぎ きのこ 人参
           ホタテ たまご 塩 しょうゆ 片栗粉 ごま油


       ① タアサイは、ざく切りにし、さっと炒めておく。
       ② ニンニクと生姜を香りが出るまで炒めたら、タアサイ以外の野菜を加えて
          炒める。
       ③ 水(だし汁)を加え、沸騰したらホタテを入れて煮て、塩、しょうゆ少々で
         調味する。
       ④ ①の炒めたタアサイを加えてから、水溶き片栗粉でとろみをつけ、
         溶き卵を流し入れ、固まったらできあがり!
       ⑤ ご飯の上にかけ、ごま油をちょろっとかけて、香りをつける。


       * ホタテ以外にも、カニやイカ、お肉、またはきのこをたっぷり!など、
         いいダシの出るものなら何でも。
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-11-17 22:22 | aikoページ

中学友人来る

a0100888_1254410.jpg 今日は午前中、「見沼保全じゃぶじゃぶラボ」さんの不耕起栽培田んぼの収穫祭に参加!
最後の畦の補修をしてから、見沼用水から再び水を田んぼへ流し、このまま来年の収穫直前まで水を張りっぱなしにしておくそうです。そうすることで、翌年の雑草が抑制されます。何より生き物の住処になるので、生物多様性が生まれ、サギなどが食べにきたりと生態系が豊かになる。

 この不耕起農法。千葉の岩澤さんという方が広めていますが、首都圏最大で最後の大規模緑地空間である「見沼田んぼ」に僕はピッタリのやり方なのではないかと思っています。農業は、自分の畑だけを見ればいいということではなく、まわりの豊かな環境があってこそ成り立つ仕事。この緑豊かな空間、貴重な湿地帯が今後残っていくかは、案外自分達の手にかかっている気がします。

 日本を見ても、世界を見ても、いくらでも素晴らしい自然はあり、そういう場所は自然と残っていく。身近な場所にこそ目を向けたい、という気がします。

 おにぎりで頂いたコシヒカリ、埼玉ブランドの彩のかがやき、とても旨かった!そしてアフリカ米と東南アジア米の掛け合わせの「ネリカ米」も味があっておいしかった!参加していた海外青年協力隊の方がアフリカから持ってきたこの品種、何でも畑でも栽培可能ということで、世界的な食糧難を見据えて、アフリカで栽培されているとのこと。
この「ネリカ米」。来年、風の谷の畑でも栽培してみたいと思います!

 そして午後は古くから(中学)の友人達が来る。笑っちゃうくらい!暗い照明の下、i-podでヘビメタを流し(笑)、あいちゃんの農場コース料理を食べながら、わが家は一日居酒屋に変身し、夜までいろいろ話す。みんな凄いなあ~。でもみんなそれぞれいいこともそうでないこともあって、人生はいくつになっても予測できないのだなあ~、なんて思った。そう、だから人生は面白い。
 風の谷農場も、いつか谷から抜け出して風になる日が来るんだろうか?いやいやこの場所が、そして畑が、野菜が、小宇宙。ここにこそ旅がある?

まあ、いくつになっても本能の赴くまま旅を続けていきたいです。
LIFE IS JOURNEY!
a0100888_1295460.jpga0100888_12101850.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-11-15 22:37 | 日々のこと

春菊とルッコラのサラダ

○今週の農場レシピ  by あいこ

  Vo.24 「春菊とルッコラの和風サラダ」


a0100888_23231045.jpg
  鍋の季節に欠かせない春菊ですが、
旬は、秋が深まる今なのです。
アクも感じられず、とても柔らかい
この時期の春菊は、生でもおいしい!
春菊のサラダ、おすすめです!!



     〈材料〉 春菊 ルッコラ 油揚げ ちりめんじゃこ 海苔
           お好みの油(オリーブオイル、ごま油など) 塩 しょうゆ お酢


       ① 春菊とルッコラは、適当な長さに切り、よく水気を切っておく。
       ② ちりめんじゃこは、フライパンで空炒りし、香ばしくカリカリに。
         油揚げは、キツネ色に焼いて、適当な大きさに切る。
       ③ 春菊、ルッコラ、油揚げ、ちぎった海苔を、油でよくからめてから、塩、しょうゆ、
         お酢で味をつけ、最後にじゃこをドサッとのせる。
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-11-13 23:20 | aikoページ

落花生の炊き込みごはん

○今週の農場レシピ  by あいこ

  Vo.23 「落花生の炊き込みごはん」


a0100888_2320990.jpg前回に続き、落花生を使ったレシピです。
ゆでた落花生をごはんに炊き込んでみたら
さっぱりとしているけれど、コクもあって、
なんともおいしいごはんになりました。






     〈材料〉 ゆでた落花生  米  塩

       ① 落花生は塩茹でにする。
       ② 殻をはずした茹で落花生を研いだ米に適量を入れ、
         塩を入れて炊く。

以上です!
       簡単すぎてゴメンナサイ。。。
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-11-09 23:18 | aikoページ

ピーナッツの中華風サラダ

○今週の農場レシピ  by あいこ

  Vo.23 ピーナッツの中華風サラダ

a0100888_23175172.jpg
前回に続き、落花生を使ったレシピです。
ゆでた落花生をごはんに炊き込んでみたら
さっぱりとしているけれど、コクもあって、
なんともおいしいごはんになりました。
簡単すぎて、ゴメンナサイ。。。





     〈材料〉 ゆでた落花生  米  塩

       ① 落花生は塩茹でにする。
       ② 殻をはずした茹で落花生を研いだ米に適量を入れ、
         塩を入れて炊く。

       *昆布や鰹節のだし汁で醤油味にしてもおいしそう!
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-11-05 23:15 | aikoページ

じゃがいもと長ねぎのスープ

○今週の農場レシピ  by あいこ

  Vo.20   『じゃがいもと長ねぎのスープ』

a0100888_23134817.jpg
 長ねぎが採れ始めたので、気になっていた
このスープを作ってみました。
とてもシンプルなのに、何か奥深い味・・・
冷たくすれば、ヴィシソワーズです。
生クリームでも浮かべたら、レストラン使

                                用!?


     〈材料〉 じゃがいも 長ねぎ 油 牛乳(豆乳) 塩 こしょう     

    ① じゃがいもは皮をむき、長ねぎとともに適当な大きさに切る。
      (じゃがいもとネギは重さで同じ位、ネギは青い部分も)
    ② 鍋に油を熱し、①をよく炒め、水を注ぎ、柔かくなるまで煮て、
       塩である程度の味をつける。
    ③ ミキサーにかけ(回りにくいようなら、水や牛乳または豆乳などで
       のばしながら)、牛乳や豆乳で濃度を調節し、塩・こしょうで味を調える。


    *フランスのある地方では、牛乳も入れずに、ジャガイモとねぎ、そして塩だけの
     ポタージュスープがよく飲まれているそう。
     さすが伝統料理、じゃがいもと長ねぎってよく合うんですね。
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-11-01 23:09 | aikoページ