カテゴリ
全体
プロフィール
日々のこと
想ウコト
aikoページ
イベント関係
お知らせ
お店・団体
宅配・お問い合わせ
その他のジャンル
以前の記事
2012年 03月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

さいたま市「見沼田んぼ」で新規就農(就農4年目)。夫婦二人で有機農業してます。
by windvalleyfarm

<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「わら一本の革命」

間違いなく今年一番の寒さ!
強い北風が吹き、昼間でも畑にいるのが辛い。
21日は「大寒(たいかん)」。一年で一番寒さの厳しい時期に向かっているわけだから、まあしゃあないか。。。
おかげでトンネルは片方飛ばされるし、マルチも剥がれる。
これだけ風が強いとその修復作業もままならない。そんな中、お昼にSさんが来る。

彼女は札幌にある某自然食品店で勤めていて、実家がこちらなので一度寄ってみたという。名刺をもらうと「本店店長代理、~自然農場主任」とある。農業の専門学校を出て、自然食品店の直営農場で3.5ヘクタールの畑をもう一人のスタッフと回していたらしい。小柄な体からは察しえなかったが、その手を見るとまさに大地に触れてきた素敵な手である。北海道の農業はこちらとは規模が桁違いなので、自分のほうがいろいろと質問をする。
聞くと、ここの自然食品店のオーナーがまた面白そうな方。なんでもあの福岡正信さん(この世界では神様的な人!)のもとにいたこともあるという。その繋がりで福岡さんの育てた(←という言い方が適切かどうかは?)お米や柑橘類が入ってくるという。(一度食べてみたい!)
北海道へ行くことがあれば、是非寄ってみたいものである。

福岡さんは僕が知る限り最もカッコイイ農業者。(という言い方は失礼かも知れませんが。。)
自分の本棚にも福岡さんの本がいっぱい並んでいる。
やはりバイブル的存在なのである。

a0100888_2334573.jpg福岡さんの世界へ入る入門本はやっぱこれかな。
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-01-13 22:23 | 日々のこと

ファームトリップ

この時期は一年のうちでも比較的作業が少ないので、畑へ来る方が多い。
(本当はやることはあるのだけど…)
逆を言えば、自分もこの時期を見計らって他の農家さんへ勉強に行くのだ。

まずはやっぱり地元埼玉、それも近隣で!
っていうことで、昨日、今日とそれぞれ半日づつ使って農家見学に行く。

車で約40分。富士見市にあるS農園は無施肥無農薬栽培。
初めて無肥料栽培の現場を見る。想像していたとおり、全体的に野菜はやや小ぶりではあったものの、肥料を入れないと結球しないと思っていた白菜は8~9割方巻いていたし、ニンジンも小さい葉の割りに根は大きく太っていた。というかデカイ!次から次へと質問をし、細かいことはさておき、分かったことは無施肥栽培を可能にする最大のポイントは固定種の自家採取にあるということ。そして採取していく際の選抜・抜本の仕方が大切だということ。Sさんは種採り用に
(同じ科の植物と交雑しないように)専用の畑を設けている。a0100888_1143972.jpg倉庫の中にある冷蔵庫の中を見せてもらうとその中には多種多様な自家採取した種が大切に保存されていた…。この時、自分の中にある無意識のアンテナが大きく反応した気がした。(と同時にすぐさま、ズボラな自分に果たしてやれるだろうか?と、もう一人の自分…)
今の畑や設備の現状に経営状態を加味しながら前向きに考えていきたい。            分けて頂いたアロイトマトと真黒(しんくろ)ナスの種

その隣町にある三芳町のA農園は有機栽培。
Aさんとは前に一度面識があり、今回は改めてゆっくり話したいと思い、訪ねることに。
いろいろ尋ねると栽培の仕方はほぼ同じ。一反ないくらいで(アルバイトしながら)やり始めたとこから、都内からしばらく通い農民であったとこ(僕は今も)、家も土地もなく新規で農業を始めていく上での苦労など、あまりに共通点が多い!同年代(歳は2つ下?)で同じ境遇の人がいるというだけで励みになる。シンプルに、頑張ろう。という気持ちが湧いてくる。

新年早々のまだ静かで張り詰めた冷たい空気の中、
帰りの軽トラの中で、また熱いものが生まれているのを感じた。
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-01-11 23:32 | 日々のこと

2008年

2008年。
今年も皆様、よろしくお願いします。

本格スタートを切った2007年はいい出会いに恵まれ、充実した日々を送ることができました。
皆様に感謝です。
今年は環境を徐々に整え、作業効率を高め、農の世界観を深め、さらにいい仕事をしていきたいと思っています。パワーアップします!

と威勢はいいのですが、実は新年早々、ダウンしてしまいずっと寝てました。。。
中々体調が戻らない中、お墓参り、友人との連夜の飲み、元研修先での新年会…とあり、またまたダウン!畑への来客があるのを急遽キャンセルし、ようやく畑へ無理矢理出れたのが6日の日でした。7日に新年の宅配を無事終え、8日に援農の方が見えたあたりから何となく復活してきた感があります。
この間に頂いた電話やメール、対応しきれない方がいらっしゃると思います。申し訳ありません…。


今日は朝からさいたま市農業委員会のSさんと待ち合わせ。希望を出していた3反くらいの畑が出たというので、候補の畑を案内してもらう。2箇所あり、一つはかなり客土(他から土を持ってきて入れること)されている畑。水はけは良いが、土質はあまりよくない。もう一つはもともとの見沼の土で低地。土質はいいが面積の半分は水はけがよくない。これでは植えられる作物も限られそう。

二つの圃場に立ち、描いている今年の作付けのイメージを、そのまっさらなキャンパス(畑)に頭の中でカラフルに描いていく…。ここにこれを植えて、あそこはあの野菜がいいかな?ここは肥えてないからとりあえず大豆か…とか。このイメージ作業はとても楽しい!(とは言うものの、現実は草だらけになってしまう確率が高いのだけど…)
そんなイメージをしながら段々と気持ちは春作に向かうのである。

新しい畑を決め、細かい要望を出し、午後は臨時の野菜パックを一つ作った後、残りの白菜を縛り、タマネギの畝上に籾殻とピートモスを厚めに撒いていると、向こうのほうで真っ赤な日が落ちていく…。

今年も頑張ろう。
いい一年になりますように。
[PR]
by windvalleyfarm | 2008-01-09 22:17 | 日々のこと