カテゴリ
全体
プロフィール
日々のこと
想ウコト
aikoページ
イベント関係
お知らせ
お店・団体
宅配・お問い合わせ
その他のジャンル
以前の記事
2012年 03月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

さいたま市「見沼田んぼ」で新規就農(就農4年目)。夫婦二人で有機農業してます。
by windvalleyfarm

カテゴリ:日々のこと( 129 )

秋作

 日中は陽が差すとまだ暑いが、汗ばむ程度。朝晩はめっきり涼しくなりとても過ごしやすい典型的な秋の陽気が続いている。野良仕事に最適なシーズンは4月下旬から5月と、この9月中旬から10月にかけてだろう。

 今年の秋作。ここへきてようやく追いついてきた感がある。

キャベツ 1200  ブロッコリー 600   スティックセニョール 200  カリフラワー 200
ロマネスコ  200   白菜   500   ミニ白菜 400      大根   1300 
レタス   400    の植え込み完了。

葉物(ほうれん草を抜いて)やカブも2回目を蒔き終えた。

 ただ今年は何日か宅配を休んで作業に専念させてもらったことと、お盆明けてから今まで一日も休まずやっての結果。それと、もちろんお手伝いに来てくれた方のおかげも。まだやり方は少し効率化できると思うが限度はある。今はまだいいけど、こんな調子でやって歳とっていったら間違いなく倒れてしまうな。考えないとなあ…。

とりあえず10月上旬までもう少し気を抜かずにいく。

3回目のブロッコリー・キャべツ植え付け   こちらは大豆(行田在来と箕田在来a0100888_23323873.jpga0100888_23343283.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-09-17 22:38 | 日々のこと

畑の様子

 8月ももうすぐ終わる。何と早いことか!
しかも、お盆中一週間作業が出来なかったつけが早速回ってきている。
秋・冬野菜用の空き畑が足りない(というか、出来ていない)のだ。就農4年目、そろそろ夏から秋への移行をもっとスムーズに行いたい…。それでも最近、ボランティアで来てくれる方が多く、猫の手も借りたい現状では助かります。随時、受け付けていますので、興味ある方はご連絡下さい。

→048-878-7053
→kazenotani-farm@tempo.ocn.ne.jp

ブログ上で今年は畑の写真がないことに気がついたので、ちょこっとアップしようかと思います。

秋・冬葱。これから白い部分が伸びる    こちらはゴボウ畑              苗もの
a0100888_23164465.jpga0100888_23191774.jpga0100888_23443499.jpg








キャベツ、ブロッコリーなど         里芋。左端2列は2年間無肥料  イギリス人ジュリアン 
a0100888_23201085.jpga0100888_23203443.jpga0100888_23454435.jpg








植え付けはこれから10月上旬までが勝負!

*宅配の問い合わせですが、9月は単発を含めて新規宅配の方の受付を中止させて頂きます。
 再開は10月中旬頃を予定しています。

[PR]
by windvalleyfarm | 2009-08-29 22:58 | 日々のこと

新婚旅 in岩手

 季節はすっかり秋っぽくなりました。こんな涼しいとキャベツやブロッコリー、今年から力を入れようとしているロマネスコなどの苗ものが例年になく好調。今年は4回にも分けて蒔いています。

 先週のお盆中、私達は岩手へ行ってきました。考えてみると、二人で旅行なんて忙しくて結婚してからはもちろん、出会ってからもほとんどなかったなぁ…(1泊2日で那須へ行っただけか)。今回は半ば強行しての3泊4日の旅行で、妊娠8ヶ月、大きくなったお腹を抱えた愛子との新婚旅行でもある。

a0100888_22541782.jpga0100888_2254366.jpg






 行き先は、早池峰山の麓にある小さな集落「タイマグラ」。

 「タイマグラ」はアイヌ語で「森の奥へと続く道」という意味だそうで、そこは本当に人里から遠く離れた森の中。日本で最後(昭和63年)に電気が通った村で、僅か6世帯が住んでいました。熊が出るのは当たり前!ということで、外に出るのも勇気が要り、終始ビクビク。キャンプ場に泊まるもトイレへ行けず、二人してドア越しに野に放つ始末(笑)。旅行しててこんな不自由な思いをしたのは初めてかも…。(だって、熊がいるから!)

森の中で夕食(自炊)           おいおい…a0100888_0153516.jpga0100888_0165987.jpga0100888_0262557.jpg







 ここへ来た目的。それは昔から変わらぬ生活をしていたあるおばあちゃんの家やおばあちゃんが過ごしていた風景や空気に触れたり、その周辺に住んでいる方々を訪ねて、暮らしぶりを聞いたり、お話しを聞くこと。ドキュメンタリー映画「タイマグラばあちゃん」を以前愛子が観て、今回行こう!となった。

 おばあちゃんはもう亡くなってしまったので、この映画を撮った澄川監督に、ばあちゃんの家や畑を案内していただき話を伺う。他にもこの地に魅かれ移住してきた方々にも出会い、今回泊まることになった渓雲荘の井上さん、フィールドノートのご夫婦、タイマグラばあちゃんの畑で有機農業をされている照屋さん、桶職人の奥畑さん…。芯のある素敵な方々ばかり。そしておばあちゃんのことを必ず話してくれる。まるで伝承している?ように。

a0100888_0114773.jpga0100888_0115968.jpga0100888_0121222.jpg






 ここへ来て思うこと。それは、こんな山奥の厳しい自然の中でも人は暮らしているということ。町中の暮らしや自分たちの暮らしと同じように、タイマグラの暮らしがあるということ。どちらも現実で、同じ時間の中に違う暮らしがあるという、当たり前のことだったように思います。エコとかリサイクルとか環境問題という言葉を使うのが気恥ずかしくなるくらい、ここでは自然体でした。そして表層的なことよりも大きな視点で「生きる」ということにおいて、何かでーんとした腰の据わったものを感じました。

 身体をよく動かすこと、人や動物や虫の命に隔てがないこと、自然のリズムの中で自然に生かされているということ。生きるために生きるということ。そんな当たり前でシンプルなこと…。

 澄川監督のタイマグラを舞台にした最新作「大きな家」が東京の「ポレポレ東中野」で11月に公開されるそうなので、興味がある方は見に行ってみては?私達も楽しみにしています!

 最終日は花巻へ!言わずと知れた宮沢賢治がイーハトーヴと呼んで愛した故郷。賢治作品が好きな私としては前からずっと行ってみたかったところ。文学、農学、地学、天文学、宗教、哲学、語学、音楽、芸術…と多才でありながら、教師を辞めてわざわざ農民の道を選び生涯を閉じた。雨ニモマケズ~はやはり心打たれるものがある。
                                       妊娠8ヶ月のお腹を抱えてa0100888_044086.jpg
a0100888_045643.jpga0100888_055218.jpg







 今回新婚旅行を終え、僕も愛子も何か根本のところで同じ感覚(価値観)を持っていることに気づいたような気がします。風の谷農場の方向性、ゆっくりとゆっくりと変わっていくでしょう。

~われらに要るものは銀河を包む透明な意志 巨きな力と熱である~(農民芸術概論綱要より)

a0100888_0195186.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-08-18 22:00 | 日々のこと

春家秋冬

 19日から何となく、でも確実に、季節がまた移ろいできたようだ。
作業中、汗がポタポタと落ちてきたり、午前と午後でシャツを取り替えたり。
早朝は霧が発生し、草の上を歩くと地下足袋がぐっしょり濡れてしまったり…。
野菜もスナップエンドウやグリーンピースなどのエンドウ類が採れなくなり、ズッキーニ、キュウリ、インゲンなどの夏野菜が伸びてくる。そして春草のかわりに夏草が勢いを増してくる。

 二十四節気、「小満(しょうまん)」。
草木が青々と繁り、天地に生気が満ちてくるころ。
植物も虫も鳥も人も本能でそれを感じているはず。


 昨日、春家秋冬の原さんとパートナーの淳子さんに麻こころ茶屋さんでおいしい食事を食べながらお会いし、待ちに待った結婚式のアルバムが手元に届いた。とても嬉しい。細かな構成やレイアウト、原さんの想い、このアルバム制作には相当な時間と労力が割かれたことでしょう。二人で改めてゆっくりとみていたら、最後のページを閉じた瞬間に、何か静かな感動が心の奥から湧いてくるのを感じました。 

本当に素晴らしいアルバムをありがとうございます!

a0100888_833872.jpgしゃしんかん春家秋冬のHP
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-05-24 07:14 | 日々のこと

若葉のころ

a0100888_033446.jpg育苗中の夏野菜たち








 さて、あと3日で二十四節気では「穀雨(こくう)」。このころは雨がよく降り、暖かな気温と相まって、全ての植物が生育する。見沼田んぼでは木々の若葉がとても綺麗で、緑色にもこんなにたくさんの種類の色があることに改めて感動する。この景色や空気の中にいるだけで満たされてく自分って…。あまり多くを求めず、そこにあるものをまず大事にしたい。この辺りでここだからこそ出来ることってあるはず。何かやりたいな。

 明日、明後日は代々木でアースデーのイベントがあり、風の谷農場の(今期最初の)野菜が麻こころ茶屋さんのヘンプバーガーなどに入っていますので、マニアックな方(?)は食べに行ってみては?
アースデーはこちらです。 
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-04-17 23:13 | 日々のこと

いよいよ…

 日付も変わり、いよいよ私達の結婚式&披露宴の日。
一から準備してきたのに、何だか未だに二人とも実感が沸かない…。
スタッフの皆様、不備な点が多々あるとは思いますが、当日はよろしくお願い致します。

天気が穏やかでありますように。。。

a0100888_417959.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-03-29 04:17 | 日々のこと

春爛漫

 最近の見沼田んぼは春の花が咲き乱れ、すっかり春の様相に。
モモのピンク、白木蓮の白、そして菜の花の黄色、大根花の白と紫…。
桜の開花も間近。一年で一番綺麗なときを迎える。
植物が一斉に花を咲かせるように、百姓にとっても長い冬を越えたからこその、何とも言いようのない喜びを感じられる時なのである。

 結婚式まで一週間を切ってしまった!あいこはかなり疲労が溜まっている。鷲宮にある百観音温泉へ入り少しでも疲れを取る。会場であるファームインさぎ山の萩原さんが、「何やらこの辺では噂になっていて、ギャラリーがたくさん来るらしいわよ~」と。この結婚式はたくさんの心ある方々のおかげで進んでいる。感謝の気持ちと気合いでここを乗り越えていきたいです。

a0100888_0151357.jpga0100888_020162.jpga0100888_016591.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-03-23 23:03 | 日々のこと

許容量オーバー

 確定申告を無事済ませ、昨年の4月からずっと続けてきた宅配も、これから野菜の端境期(はざかいき)に入るので少しの間休みに入ります。

その分、畑では種蒔きや植え込みが目白押し!

そして今月末には私達の結婚式が控えている。一生に一度のイベント。

披露宴会場となる(と言うか、お願いして使わせていただく)地元の農家さんの家の片付けをそろそろしないと!全て手づくりなのでテーブルや窓を拭くところから始めなければならない。やることは未だにいっぱいある。畑も野菜も目が離せない。そして眠れない日々…。今からこんなんで大丈夫なのだろうか…。

何はともあれテンション上げて頑張りまっす!

a0100888_718540.jpga0100888_7185832.jpga0100888_7211758.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-03-18 06:13 | 日々のこと

春作へ

 春作の準備を進めている。
 レタス、キャベツ、ピーマン、万願寺トウガラシ、唐辛子、ナス、ミニかぼちゃ、大根…。竹を切り、枠を作り、落ち葉と米糠を入れて発酵させ、その発酵熱を利用して夏野菜の温床を作り、ここで暖かくなるまで苗を育てる。新しく借りた畑には堆肥をいれ、土作りをする。排水の悪い畑には、ユンボで溝を掘り、排水を良くする。冬野菜の片付けをし、トラクターでうなう。性格の異なる8ヶ所に点在する畑に今年はどれを植えるか、ざっと作付け計画を立てる。

やることいっぱいになったきた!

さいたまタウン新聞に農場の紹介が載っています。
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-02-20 07:09 | 日々のこと

「しあわせなお産をしよう」

 最近はポンポンと事が運ぶ。
いわゆる「シンクロ二シティ」が起こっているようなのだけど、これは自分が本当に望んでいるものが分かっているとき、潜在意識に働き、それが無意識のうちに顕在してくると言う。何にしてもグッドタイミングでハウス付きの条件のいい畑を借りれたのは大きかった!

先日、あるDVDを観る機会があり、良かったのでお知らせします。

a0100888_8334556.jpg
DVD&BOOK
「しあわせなお産をしよう  自然出産のすすめ」
/吉村 正


同じ著者の『「幸せなお産」が日本を変える』もオススメです。 

感じるものがいっぱいです。
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-01-21 22:31 | 日々のこと