カテゴリ
全体
プロフィール
日々のこと
想ウコト
aikoページ
イベント関係
お知らせ
お店・団体
宅配・お問い合わせ
その他のジャンル
以前の記事
2012年 03月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

さいたま市「見沼田んぼ」で新規就農(就農4年目)。夫婦二人で有機農業してます。
by windvalleyfarm

カテゴリ:日々のこと( 129 )

1日遅れのクリスマス

 12月はほとんど収穫に追われてしまい、作業やその他のことがおろそかになってしまった。このつけは1月に回ってきそう…。(来年、研修生を募集します。詳しくは来年のこのブログ上で)

 クリスマスもあっという間に過ぎ、相変わらず何処へも行けず、気の休まらない日々が続く中、今日は1日遅れで愛子がクリスマスディナーを用意してくれた。お気に入りのボサノバ、naomi&goroを聴きながら食事をしていると、今年は3人でこうしてここに居られることが何だかたまらなく嬉しく感じた。思い出の詰まったこの家ともあと一ヶ月か…。


a0100888_22415485.jpg
a0100888_22455251.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-12-26 21:59 | 日々のこと

タマネギ

a0100888_2264567.jpg












今年のタマネギはスーパーお手伝いのおかげで、12月6日で全て植え終わるという快挙。
約12,000本。
このあと、毎年悩まされる季節風による植え痛み(←マルチを張るので)をなくすため、ネットを被せる予定。これで来春に草の管理ができれば、いいタマネギができるかな。
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-12-15 21:59 | 日々のこと

原隆宏写真展

 本日、雨がそぼ降る中、カメラマン原隆宏さんの写真展へ行ってきた。

 原さんとの出逢いは一年半前。一通の熱いメールからだった。
東大宮の麻こころ茶屋さんでウチの野菜を食べたことがきっかけで、「この生産者に会いたい」と、農場へ来て、手伝いをしてくれた。私達はその日に原さんの撮った家族シリーズの写真などを見せて頂き、何か伝わってくるものを感じた。その時に撮っていただいた写真が今回の‘UNIVERSE’という写真展の一部として表現されている。(またのちに私達の手づくり結婚式のカメラマンとしてお願いをし、素敵な結婚式アルバムを作成して頂く)

 今回、いわばライブという形で原さんの作品を観たわけだが、やはり独特の世界観。 開催場所がアジア家具店(エスニカさん)ということもあって、家具と内装と写真が一体となった空間は素晴らしい。そしてそこから発せられるものがある。それは何か、目には見えない人(自然)や地球(自然)の中にある魂(エネルギー)のようなものなのかも…。すべてはひとつなのだと。

 個展は明日(6日)が最終日だそうですが、是非、原さんの作品に触れて欲しいと思います。

(原隆宏webより)       
a0100888_005014.jpg







 
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-12-05 21:40 | 日々のこと

師走の風の谷農場

最近の畑はこんな感じ。一部を写真で。

a0100888_22523334.jpg            












a0100888_2253297.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-12-01 22:47 | 日々のこと

誕生

10月22日。夜が明ける頃、この世に新しい命が誕生しました。
母子ともに健康。3520gの元気な男の子です。

a0100888_1024213.jpga0100888_1027726.jpga0100888_10272659.jpg








 最初にこの子がお腹に宿ったのを私達が気づいてあげたのは何と5ヶ月間近!
お腹の小さな膨らみに「胃がもたれてるんじゃないの?」と二人で話していた(笑)ときから、ずっとこの子に逢うのを楽しみにしてきた。男か女かも今は事前にわかるが、聞かないで最後まで楽しみにして。

 「自然なお産がしたい」という愛子の希望で、助産院(越谷にある、あごら助産院)を選び、普通の家で、布団の上で、僕は愛子の後ろでずっと支えながらの出産。陣痛から4~5時間で産まれるという大安産でした。これは常日頃からよく体を動かしていたことと、元々の育った環境(愛子の実家は農家)が良かったからだと思います。

 産まれたときは不思議と涙は出ず、感動というよりは驚きのほうが僕は強かったように思います。不思議だったのは、全然泣かなかったこと。出てきてすぐこの子を母親が抱くので赤ちゃんは安心しきった様子でした。それにしても、女の人は凄いですね!あんな痛みに耐えて命を生み出すわけですから…。自分もこうやって産まれてきたと思うと、何とも…。

 名前は「生太郎(しょうたろう)」。
この世に生まれ出てきた大切な命を一生懸命生きて欲しい。自然に生かされ、自分やまわりを生かして。そんな想いで二人で名づけました。

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします!

a0100888_1046724.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-11-03 06:00 | 日々のこと

援農

 先週は中学の友人が手伝いに来てくれたり、農業研修時代の仲間が来てくれる。

a0100888_21471588.jpg 中学の友人S君は都庁に勤める公務員で、東京の赤羽に住んでいる。ベランダ菜園をしていて将来農的暮らしをしたいと。実家から近かったこともあって、昔からよく遊んでいて、話しているとつい中学の頃と同じような気持ちになるから不思議だ。見沼への移住も近いかな?


a0100888_21492859.jpg 農業研修時代の仲間は6人。一人が福岡の実家へ帰ってしまうので、急遽、わざわざこっちに集まってくれた。今はみんなそれぞれ散らばって頑張っているわけだが、共通しているのは皆何らかの形で「農」に携わっているということ。農業であろうが、家庭菜園であろうが、自然の力によって生まれた命(いのち)を頂くという行為において、「農」というのは人間にとって根本なのだろうと思う。いわば、「農」というのは無意識のうちに人が自然と繋がろうとする行為なのかも?今度集まるのは研修先(田中農園)の新年会かなあ。

 最近の見沼田んぼは木々が赤らんできて、彩りがとても綺麗。秋の深まりを予感させてくれます。
里芋、さつまいも、キャベツ、ブロッコリー、落花生、牛蒡…。葉物も種類が豊富になってきました。
野菜BOXの中は秋に模様替えです。

     豊作の里芋           初ブロッコリー        ネットの中のレッドマスタード
a0100888_21451746.jpga0100888_21453719.jpga0100888_21455299.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-10-18 05:58 | 日々のこと

台風18号の影響

 日本列島を縦断した今回の大型台風18号。

 畑の被害は、防虫ネットが飛ばされて葉物や大根の葉が痛んだこと、雨で泥が流されて芽が出てきたばかりの葉物の畝が一部損壊したこと、ピーマンの支柱が倒されてしまったこと。
水が溜まりやすい土地柄、作物の水没を一番心配し、畑を見る前は胃がキリキリしていたが、どの畑も無事で正直ホッとした…。

 一番驚いたのは家の前の道路が膝まで浸水したこと!まだ寝静まった夜明け前、近所の人に「三宅さーん!三宅さーん!」と叫ばれ出てみると、そこはまるで大雨で浸水した東南アジアの風景…。
うちの玄関先に置いてあった材木が流されてしまってプカプカ浮いている。激しい雨の中、慌ててカッパを着てその川の中を回収に行き(泳ぎ?)ました。

 その一方、見沼田んぼを流れる「芝川」は溢れてしまって、低いところから畑に流れ出し、場所によっては畑は湖と化していました。滅多にないことだが、見沼で農業をする者にとって最も恐れるのはこの台風や大雨による「水害」。10年に1回くらいはあるとか…。

 畑の水が完全に引くまで、蒔きものや植え込みは一時ストップで、葉物のブランクが少しあるかも知れませんがご了承下さい。とりあえず最小限の被害で済みました。
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-10-09 05:19 | 日々のこと

仲秋の名月

 先週も来客あり。
脱サラして来年浦和で自然食品店を始めるAさんと、IT関連の会社の社長Yさん。
お二方とも私より年配の方。うちは大した宣伝も営業もまるでしていないのに、ありがたいことに口コミや紹介などで野菜をとってくれたり、いろいろな方が訪ねてくる。それだけこういうものが求められていたり、巷では農業が注目されているということなのか…。(うちはテレビをほとんど見ないので、あまりよく知らないので)

 いろいろな情報が錯乱すればするほど、静かに自然や畑に向き合い、大事なことを見つめたいと思う今日この頃。情報や知識は時に感性を鈍らせてしまうから…。

 昨日は本当に久しぶりの休日。あいこがお弁当を作ってくれ見沼ピクニックに出かける。
ここへ移り住むようになって1年半。まだまだ見ていない見沼を空き家を探しがてら散策。
ここは本当にさいたま市なのだろうか?

そして昨日は仲秋の名月。大きなお月さまが空にぽっかり。

アイコのお腹もいよいよ大きくなってきたなあ…。

a0100888_23302449.jpga0100888_23292787.jpga0100888_23294615.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-10-04 22:26 | 日々のこと

エコ見沼隊

 今週の日曜日、エコ見沼の皆さん(8名+おこちゃま)がお手伝いに来てくれました。
昨年から定期的に援農に来てもらっています。

今回は、
午前中→女性陣はシカクマメ・インゲンの草取り、男性陣はトマトの最後の収穫&片付け
午後は→女性陣は紅菜苔・三陸つぼみ菜・のらぼう菜の種蒔き、男性陣はナスの最後の収穫&片付け をして貰いました。
いやはや、これだけの人数でしかも男手がいると早い早い。とても助かりました!
そしてお疲れさまでした。。

 今年も2月に映画「六ヶ所村ラプソディ(続編)」の上映会を催したり、夏のイベント「ジリミリ」の実行委員を務めたりと、見沼を舞台に活動中です!いろいろ催しものがあるそうなのでチェックしてみては?
詳しくは→http://ecominuma.exblog.jp

最後に恒例の写真をいくつか。

a0100888_091039.jpga0100888_092521.jpga0100888_093863.jpg







a0100888_010077.jpga0100888_0101387.jpga0100888_0103075.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-09-29 22:53 | 日々のこと

秋の見沼田んぼ

a0100888_238087.jpg 今年の秋作。まだ課題はいくつも残るものの、まずまず順調に進んでいる。
毎週、子育てサークルの若いママ達が入れ替わりで手伝いに来てくれたり、8月から週1で研修生も来ている。宅配のお客さんがボランティアで来てくれたり、ブログを見て手伝いに来てくれる人もいる。全くありがたいことです。
             研修生O君と上尾出身Mさん、白菜の間引きを

 「見沼」という土地の魅力の一つは、都心近郊でありながらこれだけ(1260ヘクタール)の緑地空間が未だに残されていること。これはほとんど奇跡的だと思う。わざわざ田舎へ行かなくても、身近に農村があり、自然に触れられる。都心の人達が来やすいオアシス的な場所であると思う。それでいて縄文時代からの遺跡があったり、由緒ある神秘的な社寺があるなど歴史的な奥深さを持っている。

 そんな見沼田んぼにもまた秋が訪れている。散りゆく桜に真っ赤な彼岸花、収穫を待っている黄金色の稲穂、土手沿いにはススキと今にも咲きそうなセイタカアワダチソウの蕾、空は時折焼けるような夕暮れが…。
夜になると電灯がないので真っ暗闇になる。時折、霧が発生するとほとんど古代へタイムスリップしたような感じになる。

こんな場所って中々ないと思う。

「見沼田んぼ」は秋です。

a0100888_23181558.jpga0100888_23215290.jpg





a0100888_23194339.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-09-26 20:49 | 日々のこと