カテゴリ
全体
プロフィール
日々のこと
想ウコト
aikoページ
イベント関係
お知らせ
お店・団体
宅配・お問い合わせ
その他のジャンル
以前の記事
2012年 03月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

さいたま市「見沼田んぼ」で新規就農(就農4年目)。夫婦二人で有機農業してます。
by windvalleyfarm

秋の見沼田んぼ

a0100888_238087.jpg 今年の秋作。まだ課題はいくつも残るものの、まずまず順調に進んでいる。
毎週、子育てサークルの若いママ達が入れ替わりで手伝いに来てくれたり、8月から週1で研修生も来ている。宅配のお客さんがボランティアで来てくれたり、ブログを見て手伝いに来てくれる人もいる。全くありがたいことです。
             研修生O君と上尾出身Mさん、白菜の間引きを

 「見沼」という土地の魅力の一つは、都心近郊でありながらこれだけ(1260ヘクタール)の緑地空間が未だに残されていること。これはほとんど奇跡的だと思う。わざわざ田舎へ行かなくても、身近に農村があり、自然に触れられる。都心の人達が来やすいオアシス的な場所であると思う。それでいて縄文時代からの遺跡があったり、由緒ある神秘的な社寺があるなど歴史的な奥深さを持っている。

 そんな見沼田んぼにもまた秋が訪れている。散りゆく桜に真っ赤な彼岸花、収穫を待っている黄金色の稲穂、土手沿いにはススキと今にも咲きそうなセイタカアワダチソウの蕾、空は時折焼けるような夕暮れが…。
夜になると電灯がないので真っ暗闇になる。時折、霧が発生するとほとんど古代へタイムスリップしたような感じになる。

こんな場所って中々ないと思う。

「見沼田んぼ」は秋です。

a0100888_23181558.jpga0100888_23215290.jpg





a0100888_23194339.jpg
[PR]
by windvalleyfarm | 2009-09-26 20:49 | 日々のこと
<< エコ見沼隊 むすび市vo.5 >>